<もう手放せない美肌へ

美しさの定義

鏡でチェック

3つの条件

美肌と呼ばれる肌になるためには、条件があります。
1つ目は、適度な潤いがあることです。適度な潤いがあると、肌のキメが整った状態になります。
反対に乾燥している肌は、表面にある角質層がめくれてしまった状態です。
この状態になると、手触りが悪くなったり、化粧ノリが悪くなったりしてしまいやすくなります。
また入浴後には、肌が乾燥状態になりますので、化粧水などで保湿をして肌に潤いを与えます。

2つ目は、手触りがなめらかな状態であることです。
肌に適度な潤いがあれば、乾燥している時よりも手触りがよくなります。
手触りがなめらかな状態になれば、見た目が美しくなるだけでなく、メイクをした時に化粧ノリが良くなるという期待を持てます。

3つ目は、ハリがある状態です。ハリというのは、触った時に手を跳ね返してくるような弾力のことです。
ハリは加齢によって徐々に失われていきますが、表情筋のトレーニングや適切なお手入れなどによって対処することは可能です。

その他には、血色がよくてツヤのある肌というのも、美肌と呼ばれるために必要な要素です。
上記3つの条件が整っていても、血色が悪かったり、ツヤがない状態だったりすると、見た目で健康的な肌とはいえません。

その他の項目

適度な潤い、手触りがなめらか、ハリや弾力があるという3つの条件が、一般的に美肌と呼ばれるための主な条件です。
ただ、3つの条件がそろっていても、血色が悪かったりツヤがなかったりすると、あまり健康的に見えないという問題があります。
つまり先に述べた3つの条件に加えて、血色の良さやツヤがあるという条件も整っている方が、より理想的な肌の状態であるといえます。
なお美肌というのは肌の状態を広く示している言葉ですが、その条件に美白が入る場合もあります。
美白というのはシミやそばかすなどの色素沈着が少ない状態なので、これらも意識すると、より美しい肌と呼ばれる状態に近付けます。

このように、一言で美しい肌といってもいろいろな違いがあります。
これらの条件を参考にしながら、足りない部分を補っていけば、自然と美肌を目指せるのです。