<もう手放せない美肌へ

色素沈着

ターバン

シミ

美白というのは、肌の色だけを指しているのではありません。
一般的に、色白と呼ばれる人々が、その肌の状態を「美白」と表現されることはあります。
しかし人には生まれ持った肌の色があるので、美白というのは単に色だけを示しているのではないのです。

肌そのものの色以外でいうと、シミやそばかすなどの色素沈着が少ない状態であれば「美白」だと表現することができます。
日焼けをすると、シミやそばかすができてしまう場合もあります。
つまり肌の色を変えられなくても、紫外線による色素沈着が起こらないように、日焼け対策を行なうことはできるのです。
よって肌に関して「美白」という時は、漂白をするということではなく、シミやそばかすが少ないというイメージの方が近いといえます。

紫外線

日焼けは、シミやそばかすの原因になります。
そして紫外線は、シミやそばかすだけでなく、肌のたるみの原因になる場合もあるのです。

年齢と共に、肌を支える繊維成分が弱まってきます。
若い頃と違い、年齢と共に顔にたるみが見られるようになるのはそのためです。
実際に、20代と50代では、肌に見られるたるみやシワなどの状態が異なります。
年齢が高くなるにつれて、たるみやシワが顔に見られるようになるのは避けられないことです。
それらを完全にゼロにするのは難しいですが、それらをできるだけ少ない状態に近付けるのは可能です。
それを可能にするのは日頃のお手入れですが、お手入れをしていても、どうしても気になるシワやたるみがあれば美容整形をするという方法もあります。

美肌を目指すには、何よりも未然の予防と日頃のお手入れが欠かせません。
つまり未然の予防とお手入れだけでは防ぎきれなかったお肌の悩みを解消するために、美容整形と呼ばれる方法もあるといっても言い過ぎではないでしょう。